トレーニングを始めて何が変わったか?

こんにちは

出張パーソナルトレーニングをしている瀧田です

トレーニングを始めて何が変わったか?

私が行っているパーソナルトレーニングに限った話ではありませんが、自己流ではない管理されたトレーニングを開始してから変わることは・・・

怪我の減少とスポーツパフォーマンス向上の2点です。どちらかが変わるというより、両方一緒です。

意外と怪我が減ることに驚く方がいらっしゃいます。トレーニングをすることで怪我のリスクが上がると、潜在的に考えている方も少ないのでしょう。

怪我が多いと練習も進まない

当たり前の話なのですが、怪我が多ければ練習をする時間が減ってしまいます。怪我が多ければ練習時間が少なくなるので、スポーツパフォーマンスが向上するのにも効率が悪くなります。

なので怪我が減ることで、練習に打ち込む事ができ、パフォーマンスが上がり試合に勝つ等の結果がついてくるパターンも多いと思います。

ベースがなければ高くならない

私のパーソナルトレーニングでは、図の一番下になるbaseと真ん中のpowerを大きくする事です。一番上のskillは競技の練習をしなければ大きくなりません。

このパフォーマンスピラミッドの考え方の詳細は長くなるので、ここでは割愛させて頂きますが、パーソナルトレーニングを始めることでbaseが大きくさせる事で、skillも大きくさせる事ができます。

結果としてスポーツパフォーマンス向上を期待できるという事です。

怪我を防ぎたければトレーニングを始める

怪我の防ぎたければトレーニングを始めるのは有効な手段です。勿論、自己流で適当にやっては逆効果なので、取り入れる場合は、環境を考えた方が良いでしょう。

今年は怪我を減らしたい方は、是非ご検討ください!

出張型ジュニアパーソナルトレーニング

体験パーソナルトレーニング受付中!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする