小学生の姿勢を直したい(姿勢改善トレーニング)

こんにちは

パーソナルトレーナーの瀧田です。

小学生の姿勢を直したい

小中学生向けのパーソナルトレーニングでは、スポーツをしているお子さんだけでなく。スポーツをしないお子さんも利用しています。

そこで今回は一番多い目的でもある「姿勢を直したい」というご要望からトレーニングを開始した例を挙あようと思います。

どんな運動をするの?

スポーツトレーナー、パーソナルトレーナーなどと聞くと筋トレをさせるように思い浮かべる方もいるでしょう。最近は一般的にも知られるようになりましたが、コーディネーション能力にアプローチすることに特化したサービスも増えてきましたね。

楽しむ

では実際にどんな運動をするのでしょう、ダンベルを持って何かする訳ではありません。基本的に走る、止まる、跳ぶ、投げる、捕る、潜る、渡るなどの動作をゲーム感覚で行います。

強制的な運動は良い効果を生みません。ポジティブな感覚で動作を行えばいろんなことができるようになります。

苦手を減らす

先ほどの「走る、止まる、跳ぶ、投げる、捕る、潜る、渡るなど」の動作も得意な物と苦手のものが出てきます。楽しんでやろうと思うと得意の物ばかりやってしまいます。得意を伸ばすという考え方が運動動作は、幼少の時期に様々なパターンに触れた方がいいです。

理論ではできない

子供は理論で運動動作を覚えるのは苦手です。見たものを真似するのが得意です。これは大人と子供の大きな違いです。基本的にはいろんな動作を真似してもらいます。それの繰り返しです。

「何でこんな動きができないの?」と疑問をことはありませんか?それは前段階で必要な動作を覚えていないからです。それをすぐに運動神経がないと思ってしまうのは勿体無いです。

少し脱線しましたが、いろんな動作を真似っこするのが基本です。

それで姿勢は?

さてそんなことで姿勢を良くなるでしょうか?という疑問を持たれたと思います。それが結構変わります。例えば走るのが苦手な子供も、走る前の身体の使い方をまだ習得していない子供が多いです。前の身体の使い方を覚えてから、かけっこをすれば変わります。

子供のトレーニングをしている時は、これが面白いんですよね!