まずは現状把握!「筋力・柔軟・姿勢分析」

こんにちは

出張パーソナルトレーナーの瀧田です。

まずは現状把握から!

ジュニアパーソナルトレーニングを利用する方々の目的は怪我の予防スポーツパフォーマンスアップが多いです。

どんな目的にせよ、まずは現状を把握することが最優先です。

年齢、性別、運動歴から筋力、姿勢、柔軟、バランス、呼吸、連動などを分析します。何が得意で何が苦手か、目標を達成するには何が必要か、何から優先するべきかをハッキリさせることが大事です。

そしてそれをトレーナーも本人も共有していることが重要です。

モチベーション

現状を把握するメリットでも大きいのはモチベーションです。トレーニングをするには継続するのが重要です。モチベーションが低い状態では長く続かないでしょう。もし続けたとしてもモチベーションが低い状態では集中しておらずトレーニングの質は落ちてしまい、効果も薄れてしまうでしょう。

しかし現状を把握してどんなトレーニングをすれば良いか分かると、モチベーションは上がります。

トレーニング効率アップ

何をすれば良いかハッキリすれば、そのトレーニングだけに集中できます。現代人は子供もスケジュールがパンパンです。なるべく効率よくトレーニングを行うことがジュニアでもシニアでも重要です

怪我の予防

身体がどんな状態か分析することは怪我のリスクを減らす手段がわかります。すでに怪我を抱えていても同じです。例えば膝の痛みを抱えているとします。この場合足の使い方が悪い可能性があります。だからと言って足の筋力が弱いとは限りません。体幹の安定性か、特に上半身側の体幹の安定性が悪いのが原因かも知れません。

しっかりと分析しないと、方法は大きく変わります。

トレーニング法を調べる前に現状把握

「下半身を強くする=スクワット?デッドリフト?」という具合にいきなり下半身が弱いと決め付けている人が多いです。まずは何をするべきかを調べるのが先です。ここを間違えてしまっては大損をこいてしまいますよ!

体験パーソナルトレーニング受付中!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする